2006年04月03日

ウゴ君のこと

ウゴくんとは総合格闘技界の暴れん坊、ウゴ・デュアルチのこと


ウゴ君は現在の総合格闘技で有名な「BTT」や「シュートボクセ」「レッドデビル」なんかと比べると「ルタ・リーブリ」という割と地味な格闘技に所属する選手。

ルタには総帥とも言える「マルコ・ファス」がいてそっちのが有名だけどもウゴ君はもっとスゴイ。

ちょっと前までなら400戦無敗とかいうプロレス小僧を熱狂させたヒクソングレイシー

当時はグレイシー柔術最強伝説なんてのもあってそれはそれは崇められていた。
日本では総合格闘技というものがまだ発展途上で、誰がヒクソンを倒すかと、皆が注目していた。
そんな中で、まだその頃は"最強"だと信じられていたプロレスラーの高田、そして船木が悉く敗北を喫する。
ここで更にグレイシー一族の最強伝説が強まったわけだが、その後の桜庭の登場によってどんどんその名を地に落としていくのはご存知のとおり。

だがヒクソンだけは まだ誰にも土をつけられていなくて最強はまだ守られている。例えそれが「強い相手から逃げている」とか「ルールを味方につける」とか言われても、だ。
実際、今ヒクソンがPRIDEなりなんなりに出場しても勝てないのは目に見えてはいるが、結果として最強。これはスゴイ。
未だ最強のヒクソンはきっとどこかの豪邸でもってホクホク顔でヨガの呼吸法でも行っている事だろうと思う。

話が逸れすぎ。

で、このヒクソン(しかも全盛期)にブラジルのビーチでケンカを売ったのが件のウゴ君なんである。
その時の模様を写したホームビデオを見たことがあるけど、わりといい勝負をしていたのが印象的。
 もうまさに猛犬という感じ。
で、このウゴ君はバーリトゥードをやらせてもやっぱり強かった。
デビュー戦以降、秒殺に秒殺を重ねたウゴ君。
しかし
迎えたUFCでのタンクアボット戦で悲劇は起こる。
あっさりバックをとられたウゴ君はなす術もなくタンクのケンカパンチを浴びつづけ負けてしまう。
当時のタンクは喧嘩屋で恐れられてはいたがこれはかなりショックであった。

その後、PRIDE4でマークケアーと対戦するもKO負けしてしまったウゴ君はその後名前をみかけなくなって寂しい思いをしていた。

それから幾年かが過ぎ去りすっかりウゴ君のことを忘れ去っていた。
そして何気なくみつけた宇野薫の試合のVTR。
ダラーと流してみていると宇野君の対戦相手になんだか暴れん坊ぽい選手がいる。
マーシオ・クロマド(チーム・ウゴ・デュアルチ)というテロップ
ウゴ君は道場を経営していたのであった。
マーシオは宇野君を寝技で下していた。

ウゴ君は光を浴びることはなかったが、その才能は着実に受け継がれていっているなぁとちょっと嬉しくなったのでありました。(といってもマーシオが宇野君を下したのは6年も前のことだけどもw)

【関連する記事】
posted by 青と汁 at 11:47| 宮崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16073152

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。